イングリッシュガーデン*

石けん工房を作るのに悪戦苦闘中です。

苛性ソーダを買ってきました。

   

苛性ソーダがなくなったので買ってきました。

いつも500gを2個ずつ買っているのですが、今回は2.5kgのビッグサイズです。薬局の方に「注文してけどまだ届かないんです。」と言われ、残っていたのが2.5kgでした。

わたしが大きいサイズを買わない理由として、個人的に作っているだけなので、そもそも使用量が少ないこと。もうひとつの理由として、苛性性ソーダには「潮解性」があるからなんです。

潮解・・・・固体が空気中の水分を吸って溶ける現象

計り取った苛性ソーダをそのまま置いておくと、表面が溶けてベタベタになってくるでしょ。それが潮解です。(潮解の問題は危険物でも出題されています。)

使う量が少ないのに苛性ソーダには潮解性がある。全部使い切る前に表面がベトベトになって、中の苛性ソーダが固まってしまうんじゃないの?って思いませんか。表面積が大きくなれば、空気との接触も大きくなりますからね。

その対策として、まだ少し残っている苛性ソーダがあるのですが、それが使い終わってから空いた容器に小分けにする予定です。缶の中はなるだけ空気に触れさせないようにするのがいいと思います。

問題は使い切ったあとの空き缶です。缶はどう処分すればいいんでしょうか?

これ、ちゃんと確認してなかった。。。薬局でも教えてもらえるのでしょうか?最初にきいておけばよかったです。
苛性ソーダは強アルカリになります。缶のゴミの日にそのまま出して、もし業者さんに触れたら大変ですよね。全部使い切ってから中を酸で中和させる。あるいは、大量の水で限りなく中性に近づける。それから、缶の日に処分する。。。ちゃんと調べておかなければいけませんね。

石けん教室って増えてるの?

薬局で苛性ソーダを購入する際、「石けん教室で使われるんですか?」ときかれました。購入時に使用目的を書く欄がありますが、尋ね方が”間違いなく石けんですよね。”的なかんじでした。薬局の方によると、教室の先生がちょくちょく買いに来られるのだそうです。わたしは個人的に作っていると言うと、「個人的に作っている人もよくきます。」とのこと。手作り石けん人口って、そんなに増えているのでしょうか?わたしは、全然交流がないので知らないだけかな?

それでは、また。

 - 材料・道具