イングリッシュガーデン*

石けん工房を作るのに悪戦苦闘中です。

手作り石けんの道具

      2015/03/25

わたしが手作り石けんを始めたのは2014年3月。もうすぐ1年になります。春は何かと新しいことを始めてみたくなる季節。わたしもそんな感じで石けん作りを始めました。始めてみると楽しくて、今では新しい材料を求めてネット検索の毎日です。

手作り石けんは材料もそうですが、始めるには道具を揃える必要があります。これから始める方(特に神戸)で始める方が道具探しで困らないように、わたしが利用したお店をご紹介します。参考になれば幸いです。

手作り石けんの道具探し

通販は便利ですが少量の場合、手数料、送料が負担に感じる場合があります。実店舗を知っていると、何かのついでに買えるので便利です。道具は東急ハンズに行けば、ほとんど何でも揃います。

■ビーカー、乳鉢、シリンジ、ろ紙、ロート
クレイと少量の生地を混ぜるのに使う乳鉢。ちょっと慣れてきた頃に始めたくなる「ハーブ成分の抽出オイル」これに使うろ紙、ロートなどは、東急ハンズ三宮店の理化学用品売場で購入できます。LLiの水を抜くときに使用するシリンジもあります。ろ紙はアドバンテックの#1が置いてあります。

■PP計量カップ
カララント使用時にあると便利なPP計量カップ。取手付きのものは東急ハンズの2C:キッチンツール・製菓用品、取手のないものは理化学用品売り場で購入できます。

三宮よりも品揃がずっとよくなるのが、東急ハンズ梅田店(大丸梅田店内)です。
注)ロフト神戸店(三宮そごう内)では、理化学用品を扱っていません。カタログで調べてくれようとしたので、取り寄せは可能だと思います。

■棒温度計
ホームセンターで購入できますが、東急ハンズ三宮店のキッチンツール売り場でも購入できます。参考価格として、0℃~100℃の棒温度計は300円、370円のものがあります。メーカーによって価格が変わってきます。500円のものは計れる温度の幅が大きくなります。理化学用品売り場にも実験用棒温度計というのが置いてあり、こちらの価格は270円でした。

■シリコンモールド
これは製菓用品売り場で購入できるので探すのは簡単ですね。ハート型やくまさん型など種類が豊富ですが、意外と少ないのがキューブ型のシリコンモールド。そごう神戸店B1にある宮澤商店にあるキューブ型は、石けん1個分がかなり大きいサイズになります。わたしが持っている小さめのキューブ型モールドは、東急ハンズ2A:テーブルウェア・弁当用品で購入しました。このキューブ型は完全なキューブ型ではなく、下面側にC10程度の面取りがあります。海外のサイトでキューブ型のよさそうなモールドを見つけましたが、他にほしいものがないので買えていません。

■アクリルモールド
アクリルモールドは材料屋さんで購入するしかなさそうです。頑張れば自作が可能です。東急ハンズでアクリル板をカットしてもらうことができます。アクリルカッターで自分でカットすることも可能ですが、これは疲れます。ネットでカットしたアクリル板を購入できるサイト「はざいや」さんというところもありますが、オリジナルのサイズにこだわらなければ、ここは材料屋さんで買った方が早そうです。一度買っておけば、ずっと使えますしね。

■その他の道具
ボウル、泡だて器などはホームセンターなどで揃えることができますね。お気に入りの道具を見つけてください。

■包装紙
以前、ブログ内で書いた記事を参考にしてください。
手作り石けんの包装紙

まとめ

探せば他にもいろいろと便利なお店が見つかるかもしれませんが、わたしは東急ハンズで買いました。わたしが材料資材のカタログでよく見るのが「モノタロウ」のカタログです。東急ハンズと同じで安くはないですが、メカニカル部品、工具などなんでも揃います。その中に「科学研究・開発用品編」という理化学用品だけをまとめたカタログがあります。使わないものも多いですが、参考になります。ネットでも見れるはずですので、機会があれば参考にごらんください。

mono_2015001
注)写真のろ紙は#2です。チェックバルブやチューブを購入の際、モノタロウで一緒に購入しました。

 - 材料・道具