イングリッシュガーデン*

石けん工房を作るのに悪戦苦闘中です。

手作り石けんの材料に柿渋を買ってきました。

      2016/10/28

「柿しぶって書いてあるお店を見つけたの」

手作り石けんのお仲間が偶然見つけた「柿しぶ」の文字、わたしも気になったので、一緒にお店を見に行ってきました。

お店の中には柿渋で染めた布製のバッグや衣類などがたくさん並べられていて、染料としての柿渋や、健康補助食品の柿渋カプセルなども販売されていました。

「柿しぶ」と書いてあるだけに、店内にあるものすべて柿渋関連のものばかり。中でも「飲む柿渋」が販売されていて、こちらに目を奪われてしまいました。柿渋はとにかく色がすごくて、褐色の中の褐色。養命酒のような色をしています。

お店の方に「試飲もできますよ。飲んでみますか?」と言われたのでお願いすると、お店の奥から小さなグラスに入れた少量の柿渋と、お水を入れてきてくれました。柿渋はグラスを持ってきてくれたからグビッと飲むのではなく、ちゃんと飲みかたの説明があるんです。

まず「柿渋は銀杏の臭いがします。」と言われグラスに鼻を近づけ臭いの確認。本当に臭いです。次に「柿渋を舌に少し当ててください。」と言われます。その通りにすると、渋くて舌がザラザラとした感じになりました。

確認作業の完了後、お店の方からGOサインが出されます。実際にGOというわけじゃないですが、店主さんの瞳がやさしくGOサインを投げかけてくれています。躊躇してしまうと飲めなくなるかもしれないので、ここは一気に飲みました。舌の水分が全部吸われる感じがします。

収れん作用があるのだそうです。・・・でしょうね。

飲む柿渋は300mlの容器に入って販売されています。わたしたちは一人1本使いきる自信がなかったので2人で分けました。今度これで「柿渋石けん」を作ってみます。残りは・・・頑張って飲んでみます。

柿渋に興味のある方は、こちらで購入できます。
株式会社 大阪西川
住所:大阪市淀川区十三東4丁目11番1号
TEL:(06)6301-2728

お店から少し離れたところに「柿しぶ」と大きく書いてある看板が見えます。自社工場なんだそうです。

 - 材料・道具