イングリッシュガーデン*

石けん工房を作るのに悪戦苦闘中です。

大阪府堺市の七道あたりをぶらぶらと。

   

前回のブログの最後で予告した大阪府堺市を今日は紹介しますね。

場所は南海本線七道駅から徒歩5分のところ。この一画には古民家を改造したレトロでいいかんじのお店が並んでいます。

最初に入ったのは「ヌンクイ」さんのカレー屋さん。美人のお姉さんが一人で切り盛りしています。わたしたちが行ったお昼には中で何人かのお客さんが待っていました。

ヌンクイさんは靴を脱いでお座敷で食べるスタイルのカレー屋さんです。

1603_カレー01
1603_カレー04
ヌンクイさんは売り切れたら営業を終了。わたしたちが行った日は、14時ぐらいで売り切れ。
とても有名なお店なんです。

1603_カレー02
続いて行ったゲストハウス「タイコたたきの」の経営者さんは元ドラマーさん。
ゲストハウスの名前の由来はそこからきています。

大人になってからの社会見学です。中にあげてもらいました。

1603_ゲストハウス01
1603_ゲストハウス03
1603_ゲストハウス02

いいでしょ。この電球。

ゲストハウスはお兄さんが一人で運営されています。めっちゃかんじのいい方です。わたしが行った前日には、高校生グループが春休みに堺に来て泊まっていったそうです。ここなら、親も安心して泊められると思う。

ゲストハウスの中を案内してもらえたのは、手作り石けん部会のメンバーさんが、ここの大家さんだからなんです。突撃インタビューなんかしたら、相手がびっくりしてしまいますからね。

このあと、工房ともう一軒ゲストハウスを見学してから、「あかり」カフェでお茶の時間となりました。

1603_アカリ01
1603_アカリ02
ヌンクイさんもそうですが、あかりカフェさんも大きな看板とか出していないし、外観を見ただけでは、見落としてしまいそうなかんじのお店なんです。

1603_アカリ05
でも、みなさんお店をよく知っているんですね。お客さんが次々と入ってきます。

1603_アカリ04
最後の写真は、「本家小嶋」のおもち。

小嶋には「本家」がついている小嶋と、ついていない小嶋があって、おもちの固さに違いがあるそうなんです。ただ、その違いはあまりわからないらしい。

今回、堺を案内してくれたHさんによると、Hさんのおばあさんが、「本家小嶋のおもちの方がやわやかい」と言ってたから、いつも「本家」で買っているんですって。とてもやわらかくて、おいしいおもちでした。

わたしは堺の人ではないので、気になる方は写真に写っている電話番号からネットで探してくださいね。

 - 日記