イングリッシュガーデン*

石けん工房を作るのに悪戦苦闘中です。

マカダミアナッツオイルを使用した手作り石鹸

      2016/04/04

今回は「マカダミアナッツオイル」を使った石けんを作りました。
この石けんも手作り教室で使っている本を参考にしています。

手作り石けんマイスターブック [ 小知和ゆう ]

価格:2,052円
(2016/1/12 13:06時点)
感想(3件)


基本のレシピにひまし油を加えていますが、少しアレンジした石けんも鹸化率の計算ができれば簡単に作ることができます。

マカダミアナッツオイルの石けん

使用した油脂は4種類、マカダミアナッツ油、パーム核油、パーム油、ひまし油
水分:34%、鹸化率:90%

マカダミアナッツオイルの特徴

アボカド油と同じぐらい長持ちし、抗酸化作用がある。オイレイン酸の含有率が高いことが魅力である。この酸のおかげで、すり込むとうまく肌に浸透し、心地よい柔らかい皮膚感を与えてくれる。ほぼ、動物脂肪酸にだけ現れ、人間の皮膚に特有な脂肪酸と非常によく似ているパルミトレイン酸によって、オイレイン酸の作用はサポートされる。

ちょっと失敗したかも・・・

広口ペットボトルを使って石けんを作りましたが、ちょっと残念な結果となりました。 まだまだ不慣れなため、鹸化にかかる時間を見誤ってしまいました。 もう一回振ってから型に流そうとペットボトルを横に振り始めましたが、「あれ?チャプン、チャプンと音がしない。」

油脂を合わせてから1時間、やや固まりかけの状態に。慌てて型に流し、表面を平らにするため型をトントンとテーブルでたたいても表面は平らにはならず、少しボコボコした状態のまま。油断すると、こんなことになるんですね。

完成です。

マカデミアナッツ油の石鹸

出来上がった石けんは、レシピ本では「淡い桃色の石けん」ができると書いてありましたが、精製オイルを使っているので薄いベージュです。上面は多少デコボコしていますが、断面は滑らかに仕上がっているので、こんな石けんも結果的にはありかと思います。

 - 手作り石けん