イングリッシュガーデン*

石けん工房を作るのに悪戦苦闘中です。

工房の物件探し

   

工房の物件探しをもうそろそろ始めなければいけないので、先週、先々週の週末は物件の候補地を実際に歩いて回りました。

当初の計画ではメインは工房なので、たとえ人通りが少なくても物件取得費などの初期費用をなるべく抑えることを優先に、住宅地での物件探しを考えていました。先々週末、その地域を歩いてみたところ、思った以上に人通りがなく、その地域の将来性を考えると厳しいかなとかんじました。

先週末に回ったところは、住宅地で静かな地域ではありますが、周辺に個人のお店がたくさん点在しています。そのお店に訪れるお客さんの層は前者に比べると若く、石けん工房に興味をもってもらえそうな客層が見込めそうでした。

それに、周辺にあるお店はステキな雑貨屋さんであったり、カフェであったり、お散歩がてらいろんなお店を探すことができそうで、たまにひとりでゆっくりとお茶をしたり、友人が遊びに来てくれたときにも一緒にお茶の時間が楽しめそうです。自分も楽しめる場所が理想だと思うようになりました。

問題は後者の地域は物件取得費や坪単価が高いことです。資格を取るまでの投資額もかさんでいるので、これからさらに物件取得費、内装費、什器、材料、ネットショップ構築費、運転資金等を考えると頭がクラクラしてきそうです。

わたしは自由である

いろんなお店を見て回っていると、内外装のステキなお店が多いです。わたしも理想は理想としてありますが、工房が軌道に乗るまでの期間が読めないので、できるだけ小さく始めて大きくしていきたいと思っています。

自分の作る石けんの原材料の質は下げられないので、費用をかけられるところ、かけられないところが当然でてきます。いろいろ考えているうちに、わたしには制約条件がいっぱいあるように思え、よけいに頭がクラクラするのだと思います。

確かに制約条件はありますが、このことで頭がいっぱいになると、身動きがとれなくなりそうです。そこで、少し考え方を変えてみることにしました。

制約はあっても、それ以外の部分では自由なんです。

資金面で最初から「制約がある」ことはわかっていたはずなのに、目の当たりにするとうろたえてしまって、まだまだ修行が足りないようです。工房作りは、石けんを作りながら、自分で自分自身の人生も一緒に作り上げていきたいと思って始めたことなんです。

不安になって行動に起こせなくなるよりも、失敗してもいいから行動していきたい。そう思います。
失敗を恐れずに、進んでいきたいです。

 - 化粧品事業の準備