イングリッシュガーデン*

石けん工房を作るのに悪戦苦闘中です。

いよいよ手作り石けん工房作りの準備に入ります。

      2017/04/18

身体の洗浄を目的とする手作り石けんは、薬事法に基づく化粧品に該当するため、薬事法の規制を受けることになります。インターネットやイベントで販売する場合も同様です。

石けんを製造し、販売するには、
・化粧品製造責任技術者
・化粧品総括販売責任者
を設置する必要があり、これになるには一定の条件を満たす必要があります。

この条件がネックでしたが、先日、わたしはこの条件をクリアすることができました。これでやっと、手作り石けんの販売に向けて動き出すことができます。

手作り石けんの販売に向けての今後の方針


今後どうやって石けんの工房作りを進めていくかですが、工房をオープンさせるまで計画的に進めていけるよう、大まかな流れを決めていこうと思っています。

工房作りの準備期間は半年は必要と考えているので、オープンは11月を目標。ずれこんだ場合は12月。ここから逆算してやらなければいけないことをまずは書き出していくところから始めてみます。

それと併せて、雑貨屋さんめぐりも時間の合間に続けていく予定です。今月、手作り石けんを通じて知り合ったお友だちと雑貨屋さんめぐりをしたのですが、これがなかなか参考になりました。

あわせて読みたい


壁ひとつにしても、自分たちで漆喰を塗っているなとか、これはプロに任せているなとか、普通に買い物をしていたときと違って、商品そのものではない別のところも見るようになります。

商品を手に取ってもらえても、実際に購入してもらえるまでもっていくのが難しいとか・・・いろいろ思うところもあり、課題も同時に見えてきます。

インターネットで簡単に素敵な画像を見つけることができるので、参考になる画像を集めてイメージマップを作ることもできますが、画像だけではわからないような気づき事項が、他にもいろいろ見つかればと思っています。

工房が出来上がってからでは、雑貨店を見て回る時間的余裕もなくなるかもしれませんので、今のうちに情報収集だけはちゃんとやっていきたいです。

これからどうやって進めていくか、ちゃんと考えて進めていかなければなりませんが、思い通りにことが運ばないことがあっても、あせらず調整しながら進めていきたいと思います。

「明るくポジティブな気持ちを持ち続けていれば、どんな困難も克服できる。」です。がんばります。

 - 化粧品事業の準備