イングリッシュガーデン*

石けん工房を作るのに悪戦苦闘中です。

どんな工房を作りたいのか考えてみました。

      2017/01/20

ブログを書こう、書こうとPCに向かいますが、なかなか手が進みません。

いろいろと書きたいこともあったのですが、何となく書けそうなんだけど、文章がまとまらなくて、やっぱり書けなさそうな気がして。キーボードを打っては、消したりを何度も繰り返していました。

文章をスラスラと書ける人が、うらやましい今日この頃です。

ところで、今日、会社の人が企業の展示会に行ってきたんですが、建材屋さんが「石けん事業」を立ち上げたそうで、サンプルでもらった石けんをわたしにくれました。石けんは自分のところで作ってるわけじゃなくて、OEMで作られたものです。すでに販売されています。

製造販売元は、やはり丸菱さんでした。だいたい、この辺で見かけるOEMの石けんって丸菱さんが作っていることが多いです。

石けん工房を始めたとしても、わたしの場合、弱小零細工房になるので、丸菱さんのように手広く展開するのは到底無理な話で、わたしはわたしらしい工房を作っていかなければいけません。

それでですね、どんな工房にしたいんだろう・・・と考えました。

石けんで生活が大きく変えられるとは思ってないし、かっこいい工房を作りたいわけでもありません。身近で人や街に愛されるような場所でありたいと思っています。それと、新しい石けんをおろすとき、ちょっとしたワクワクはありますよね?暮らしにちょっとした彩を届けたいという思いもあります。

今年中に蒸留までするのは無理だと思いますが、来年から蒸留を始めてハーブの香りいっぱいの工房にしたいです。イメージは膨らむばかり。

まずは「工房作るのが先だろう。」って話になりますね。
その通りです。頑張ります。

 - 仕事