イングリッシュガーデン*

石けん工房を作るのに悪戦苦闘中です。

きれいな写真が撮りたい!初めてのフォトレッスン

      2016/09/15

7月から半年間、月1回のフォトレッスンに通っています。

基本のレッスンに申し込んだので参加者の皆さんはわたしと同程度と思いきや、本当の初心者はわたしぐらい。他の方はスクールだったり、単発のレッスンだったり、何かしらのフォトレッスンを受けている方たち。わたしなんてカメラも数日前に買ったばかりで、レンズの取り付け方もわからない状態での参加。最初から遅れをとっています。

レッスンは最初に座学があって、そのあと先生が用意してくださった被写体を撮っていきます。先生も同じ被写体を撮って、先生ならどんな風に撮るか見本を見せていただけます。

撮った写真は生徒さん同士、モニターで見せ合うことがあります。先生がステキな写真を撮るのはもちろんですが、他の皆さんも上手です。最初か違いが明らかにわかるというのは、自己紹介の時点でわかったこととはいえ、やはりちょっと凹みますね。

わたしが受けているレッスンは少人数のクラスなので、先生への質問がしやすいです。一緒にレッスンを受けているみなさんも、話しやすい方たちばかりで、クラスの雰囲気もいいです。ちょっと凹みを繰り返しつつも、レッスンは楽しいです。

1回目のレッスン終了時に先生から宿題が出されました。次のレッスンまでに1回目のレッスンで習ったことを踏まえて写真を3枚用意してくるというもの。被写体は何でもよく、失敗した写真でも構いません。

先日、わたしも3枚の写真を持って2回目のレッスンに参加してきました。宿題の写真のサイズは少し大きめのサイズとの指定があります。小さいサイズだとピントが合ってなくてもそれほどわからないんですが、大きめのサイズにするとボケボケの写真になるんです。

「みんなきれいな写真を撮ってくるんだろうな・・・。」とわかりつつ、ボケた写真を見せるのも勇気が要りますね。それでも、皆さんの前で見せて、先生からどこを直せばきれいな写真が撮れるようになるかアドバイスをいただきました。先生は褒めて伸ばすタイプなのかもしれません。

フォトレッスン2回目

2回目のレッスンでは、1回目のレッスン内容と2回目で習ったレッスン内容をプラスした写真を撮れるように練習します。3回目のレッスンは、1回目+2回目に3回目の内容をプラスした写真が撮れるように、そうして毎月ちょっとずつレベルアップした写真を撮れるようにしていきます。

少しずつレベルアップした写真を撮るには、家に帰ってからの練習が重要ですよね。でも先生のお宅みたいに、かわいい小物もなく、写真を撮る準備をするだけでも大変だったりで、なかなか自主練ができていません。

先生にアドバイスをいただきながら撮った2回目のレッスンの写真です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何枚も写真を撮って石けんの写真もきれいに撮れるように頑張ろう。

 - フォトレッスン