イングリッシュガーデン*

石けん工房を作るのに悪戦苦闘中です。

ハーブ成分の抽出:2014.11月

      2015/10/30

ハーブ成分の抽出を試してみました。
石けん作りで始めたのに、こうなってくると実験ですね。
田嶋晴彦先生の「ハーブ成分の抽出と精製」のセミナーを受講したことがあるのですが、それを基に改良しました。

減圧でエタノールを沸騰させ、上部の容器でエタノールを回収します。

201411-01a
201411-03a
201411-02a
この方法、止め時がよくわからなくて、もうそろそろ止め時かな・・・と、まだ泡が少し出ている状態で終了しました。泡が出ているのは、まだエタノールが沸騰しているということなんですが、回収量が最初に入れたエタノールの量を超えて、他のもの?を回収し始めていると勘違いしてしまい終わらせました。(オイルとエタノール、それに乾燥したハーブしか入っていないので、思い当たるものはなかったのですが) それぐらい回収率がいいです。

回収したエタノールの重量を計ったところ、使用した18g対し回収できたのが14g。そのまま、泡が確認できなくなるまでもう少し続けていれば、まだ回収できていたかもしれません。できあがったオイルに、アルコール臭は残っていません。

この後、ろ過をしますが、ろ過装置もお手製です。 注射器を使って曳いています。

201411-04a

ハーブ成分の抽出オイル完成

ハーブは「ユキノシタ」を使用。
透明度の高い、かなり濃いグリーンのオイルが出来上がりました。

201411-06
201411-05
201411-07
この装置は第1号なので、まだまだ改良の余地があります。上と下の容器は、チューブだけでつながっていて支えるところがありません。首がグラグラの状態で、湯せんのときも注射器をずっと持ったまま作業していました。 簡単なスタンドでもあれば、もう少し楽に作業ができそうです。自分でほめるのは何ですが、今回は上出来です。

ハーブ成分の抽出は今後も継続していきます。

関連記事
・ラベンダーオイル(温浸出)

 - ハーブ成分の抽出