イングリッシュガーデン*

石けん工房を作るのに悪戦苦闘中です。

シュワシュワ、コロン、かわいいバスボム作り

      2016/10/14

10月に入り朝夕、少し肌寒くなってきましたね。わたしも夏場はシャワーだけで済ませてしまうことも多かったのですが、これからの季節は温かいお風呂に入り、しっかり身体を温めたいです。

そこで、これからの寒い季節を元気に過ごすためのお風呂アイテム「バスボム」を、手作り石けんのお仲間と一緒に作りました。

バスボムは、重層、クエン酸、塩、コーンスターチなど、簡単に手に入る身近な材料で作ることができます。そこに、精油や色素、ハーブなど、お好みの材料を加えて、オリジナルのバスボムを作ります。

バスボムの型はシリコン型、ガチャガチャのカプセルなどが使えます。わたしたちは、丸いバスボムが作りたかったので、ガチャガチャのカプセルで作りました。amazonでの購入です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真が届いたカプセル。サイズは数種類ありますが、こちらは直径55mmのもの。寸法だけで球体をイメージするのはわかりづらいかもしれませんが、手のひらにコロンと乗る、わたしたち的には、いいかんじのサイズです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

球体の底面に少しハーブを置いて作るとアクセントになってかわいいです。バスタブのお湯を抜くときに、ハーブは回収しなければならない(詰まってはいけない。)ので、ハーブはほんのちょこっとで十分。

色付けをしていない真っ白なバスボムも、いろんな色と一緒に並べると白が映えてきれいです。

1476150529803a

バスボムは見た目もかわいらしく、簡単に作れると言われていますが、作っている最中に真ん中からパカンと割れてしまったものが数個ありました。こうなると、粉が飛び散って後片付けが大変。

簡単にできるかどうかは、粉対策にかかってきます。「テーブルの上にしっかり紙などを敷いて、できるだけ粉を散らかさない。」基本的なことですが、重要です。

割れてしまったバスボムの原因は、まだはっきりと掴めていません。そういうところも、これから確認していきたいです。

 - アロマクラフト